今までに見た人数: 今 これを見ている人数: うまくなりたい 2013年04月

おもしろい物や 気を惹かれるものがあれば きれいに残して 何度も見たい!!

    ↓↓↓☆見てみたい日にちを クリック☆
03 | 2013/04 | 05
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

樫村 精一

なまえ:樫村 精一
かな :かしむら せいいち
性別 :男性
血液型 :A型
生年月日 :1976年10月19日
結婚記念日 :2012年 2月20日
職業 :サービス系
現住所 :鹿児島県屋久島
出身地 :兵庫県神戸市
ヒーローズインザスカイ が好き
宇宙害虫駆除基地 も好き 

最新トラックバック
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: 心得   0 Comments   0 Trackbacks  

自分のことを分かって欲しい というものではなくて

ニューヨークから流れてきた バレリーナのアンジェリーナについて歌っている、その客観性から
小説もこういう風に作っていけばいいんだ、と。

自分の中に何も無い人間が、何かを作るにはどうしたらいいか ということを考えるきっかけを、
佐野元春から学んだんです。


自分は 作家ですから、物事に手出しをせずに、ただ観察しなければならないのですが、
書き上げた小説が「100%全て 自分の力で作り上げた」と感じられる物だった時、それはたいてい失敗作です。

自分ではない人が書いたような作品ができた、と思える時が、作家として一番幸福を感じる時です。

 
登場人物の心理描写を 直接的に、断定するように行うことはできません。
小説とはいえ、人間を描くわけですから、その登場人物を現実の人間として見た場合、
その人自身の本当の気持ちや考えは、登場人物自身にも分からないものです。


心というものは、あやふやで、物質的な実体が無いので、
作家はただ、その人物の周りの情景・態度・服装・食べ物・飲み物などを、
「心の輪郭」として、精密に観察して、描かなければならないのです。

言葉は、輪郭のあるものしか表現できないのです。

唇があって、はじめて口というものが見えるようなものですね。


小川洋子
スポンサーサイト
Category:   0 Comments   0 Trackbacks  

3月27日

白谷雲水峡線。  滝がかかる、サクラの景色。  また来年。
Category:   0 Comments   0 Trackbacks  

3月27日

白谷雲水峡線。 もう散ってます。
Category:   0 Comments   0 Trackbacks  

緑に 鈴なりの黄色が よく映える。

車で景色を流し見していても よくわかる。
Category:   0 Comments   0 Trackbacks  

杉の花粉はもう終わり。

Category:   0 Comments   0 Trackbacks  

3月29日 ランド線。

ジャケツイバラ。 マメ科。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。